LINEモバイルの設定方法と通信速度を紹介!

linemobileのSIMカードとマニュアルの写真

こんにちは!

iPhone修理ギンガムチェックです☺️

 

本日「LINEモバイル」のSIMカードが届きました!

linemobileSIMカードを開封した写真

クロネコヤマトでの発送でした!

関東(渋谷)からの発送なので中1日の2日での到着でした🚚

「IIjmio」や「FREETEL」「au回線のmineo」の中で悩んでいましたが、今回は新しい「LINEモバイル」にしてみました!

 

早速開封です。

灰色の封筒にSIMカードが入っています。

その中には……

linemobileのSIMカードとマニュアルの写真

SIMカードと設定用のマニュアルが入っていました📗

約10ページほどの薄いマニュアルです。

MVNO(格安SIM)が初めての方はこんなもんでいいの???

なんて思うかもしれませんが、設定はかなりシンプルです!

設定と言いましてもこのSIMでデータ通信を使うためにやることは一つです。

iPhoneの場合はマニュアルの中にQRコードがあり、そこにアクセスしてプロファイルをインストールするだけで完了です✨

すごく簡単ですね!

 

LINEモバイルを使うための設定方法!

 

SIMカードを刺すだけでデータ通信が使えるわけではありません。

そのままでも通話は使えますが、MVNOを使っている方は「LINE通話」がメインで「音声通信の通話」はあまり使わないと思います。

LINE通話やデータ通信などインターネットを使うためにはAPNの設定が必要となってきます。

※プロファイルのインストール設定はWi-Fi環境があるところで行ってください。

 

今回使った端末は、iOS10.0.2のiPhone SE(SIMフリー)です。

最新のiOSでもLINEモバイルは使えました!

一応LINEモバイル公式サイトでご利用端末等を確認してみてください。

https://mobile.line.me/support/device/

↑で確認ができます!

 

まずはiPhoneでの設定です。

まずはマニュアルのQRコードを読み取り、プロファイルインストール用のURLをタップしてください。

もしくはhttp://mobile.line.me/apn/line.mobileconfigに直接アクセスします。

すると

lineモバイルのプロファイルインストールの画面

この画面になります。

ここでインストールをタップします。(設定している場合はパスコードを入力した後にインストールされます)

インストール後はこの画面になります。

「LINEモバイルAPN」がインストールされているのを確認できればOKです!

もしインストール時にエラーが出る場合は、他にプロファイルが入っているか確認し、残っていたら削除してください。

「設定」の中の「一般」「プロファイル」にあります。

前にdocomoを使っていたり他のSIMを使っていたらプロファイルが残っている場合があります。

lineモバイルのプロファイルをインストールした後の画面

表示がSIMなしですので、ここでLINEモバイルのSIMを入れます!

今回はAPN設定をしてからですが、SIMを刺すタイミングはいつでもいいです!

カードの中にある小さなカードがSIMカードです。

iPhone5~7までのSIMのサイズはnanoSIMです。

iPhone5~7をご利用の方で「LINEモバイル」の申し込みをする時にSIMサイズを選ぶ時はnano(小さい)と表記されているSIMカードを選んでください。

4/4Sや3GのSIMはmicroSIMや標準サイズのSIMです。

linemobileのSIMカードの写真

docomoのSIMと並べてみました!

docomoと書いていない白に英数字が書いてあるのがLINEモバイルのSIMカードです!

緑色でLINEmobileと書いてあればわかりやすかったですね💦

docomoのSIMとLINEモバイルのSIMを並べた画像

これで設定は完了です!

Wi-Fiでプロファイルのインストールを行っていると思いますので、一度Wi-Fiの接続を切ってLTE(4G)になるか確認をしてください。

3Gのままでも時間が経てばLTE(4G)になると思いますが、どうしても3Gや圏外のままの時は端末を再起動してみてください。

電源ボタンとホームボタンを長押しで再起動されます。(iPhone7の場合は電源ボタンと音量のマイナスボタン)

 

一応Androidの設定方法も紹介しておきます!

Androidは端末によって設定の画面などが若干違うこともありますが、そこまで大きな違いはありません!

「設定」の中の「無線とネットワーク」→「もっと見る」→「モバイルネットワーク」→「アクセスポイント名」を選択します。

そこで新しいアクセスポイントを作成するので追加ボタン(だいたいは右上に「+」とあるのでそこ)をタップ。

名前は自分がわかる名前でいいですが、「LINEモバイル」にするのが無難ですね!

あとはそれぞれ

APN → line.me
ユーザー名 → line@line
パスワード → line
認証タイプ → PAPまたはCHAP

と入力し、OKをタップすれば完了です!

APN一覧の中に先ほど追加した「LINEモバイル」があると思うのでタップして設定しておきましょう。

これでAndroidで「LINEモバイル」でデータ通信ができるようになるはずです!

Androidスマホユーザーでもっと細かく知りたい場合は写真付きで解説しているサイトがあるので探してみてくださいね😼

 

通信速度は?普通に使えるの?

LINEモバイルを使うための設定が終わりました!

実際本当に普通に使えるの?

遅いとか聞いたことあるけどそんなに気になるの?

と、気になりますね!

どんなもんか使ってみたいと思います📱

Safariで「iPhone修理 ギンガムチェック」と調べて、当店のHPを開いてみました。

正直docomoやSoftBankなどのキャリア回線と変わりません。

モンストなどゲームの読み込みもすぐ終わりました🎮

Appstoreから「ツムツム」や「楽天」のアプリなどもキャリア回線を使っている時と変わらない速さでインストールできました。

なんの問題もなく使えました。

 

試しに「スピードテストアプリ」で速度を測ってみました。

LINEモバイルの速度を測った写真(14時)

14時と微妙な時間で測ったからかダウンロード24Mbps,アップロード6.72Mbpsと十分すぎる数値が出ました。

このダウンロードとアップロードの違いですが

ホームページを見る、動画を見る、アプリ等のデータのダウンロードをする方がダウンロード

写真や動画をアップする(ツイッターなど)、メールやメッセージを送ったりする方がアップロード

みたいな認識でいいです。

LINEやメールをするために必要な数値が最高でも大体1Mbpsで、インターネットを使うには約2Mbpsと言われています。

動画を見るために必要数が低画質でも3Mbpsで、高画質の動画は5Mbpsと言われています。

MVNOとSIMロック解除とは?

のブログで紹介したように、普通にスマホを使う分にはダウンロードで5Mbpsほど出ていれば十分なんです!

なので、ダウンロード24Mbpsは十分すぎる速度ということです。

ただ、MVNOの一部ではスピードテストを行うときだけ速度が速くなる「ランキングブースト」を使っているところもあるようなので、本当にこれだけの速度が出ているかはわかりません。

が!

実際使ってみた感じだと、ネットを見るにもアプリをダウンロードするにもラインやゲームをするにも速く動くので速度がいくつだとかなんて全然気にしなくていいです!

 

左上にある「PING52ms」ですが

PING値は応答速度のことです。

これは数値が低いほうがいいです。

そんなに気にするものではありませんが、格安SIMによっては100msを超えるものがあります。

100を超えてしまうと明らかに速度が落ちるようです。

毎月たくさんのサイトがPING値を含めた速度比較をしているのでチェックしてみてください!

 

格安SIMは言われているほど遅くない!

というのが今の感想ですが、「LINEモバイル」はまだサービスが始まったばかりで人がまだ少ないようです。

なので今のように速度が速いです。

これ以上速くなることはないと思います。

「LINEモバイル」ユーザーが増えたら今ほど速度が出なくなるはずです。

ここのSIMは「FREETEL」のように「カウントフリー」のサービスを行っています。

「カウントフリー」とはLINE・Twitter・Facebookなどの通信量をカウントしないサービスです。

「LINEモバイル」は、LINE通話やトークなどの通信量を利用データ量とカウントしないのです!

なので、一番安い¥500の月1GBの「LINEフリープラン」プランでもバリバリLINEを利用できるわけです!

LINE・Twitter・Facebookのカウントフリーは「コミュニケーションフリープラン」になります。

 

それに対抗したのか「FREETEL」はAPPstoreやWeChat、ポケモンGOが「カウントフリー」だったのに加え、今年の12月から

Line(音声通話)、Facebook、Twitter、Instagramも「カウントフリー」になるみたいです!!!

 

これはすごいですね。

LINEモバイルのユーザーが増えて通信が不安定になってきたら「FREETEL」も試してみようと思います😀

 

ちなみに速度制限の時のY!mobileの5Sです。

これは使い物になりませんね。。

Yモバイル速度制限の時のスピードテスト写真

 

今回は出たばっかりの「LINEモバイル」にしましたが、他にもたくさんの格安SIMがあるので比較サイトで自分が一番使う時間帯に使える会社を選ぶといいと思います✌️

これから「カウントフリー」が増えると思うのでもうすこしだけ様子を見るのもアリかもしれません!

 

iPhone,iPad,iPodの修理は折尾のiPhone修理ギンガムチェックへ!

☆店舗情報☆

iPhone修理ギンガムチェック折尾店

〒807-0824 福岡県北九州市八幡西光明2-1-7 スカンジナビア102

TEL : 090-7993-3788

関連記事

  1. ギンガムチェック正月用バナー画像 新年もよろしくお願いします!
  2. ★液晶破損して真っ暗になったiPhone7から新しいiPhone…
  3. iPhone6の修理のお客様の写真 iPhone6液晶画面修理&曲がりやすいiPhone6
  4. 若松区東二島のお客様に撮らせてもらった写真 小倉・若松でiPhone修理ならギンガムチェック折尾店へ!
  5. iphone6sバッテリー交換修理
  6. iPhone5SからiPhone7にデータ移行をしたお客様の写真 iPhone7にデータ移行!
  7. iphone6 液晶交換修理 
  8. ★iPhoneSE 画面が割れてないのにタッチがきかない★
PAGE TOP